計画分娩

予定日超過の計画分娩

予定日を過ぎてしまうと、いろいろと不安になってしまう人もいますよね。
産婦人科では予定日超過の場合には、誘発における計画分娩の話になるケースもあるようです。

 

出産予定日を超過した私の友人も場合ですが、子宮口は2〜3cmでお腹の赤ちゃんは3200〜300gです。
赤ちゃんの位置は一週間前とだいたい同じで、おしるしも無いし痛みも無かったんです。

 

でも産婦人科の先生からは、予定日超過後に時間が経ちすぎると良くないみたいなことを言われ、誘発による計画分娩をすることになったんです。
不安になる気持ちをグッとこらえて、元気な赤ちゃんに合う喜びだけを希望に満ちた顔で話す彼女に、応援する筈の私達が勇気付けられました。

 

計画分娩の方はと言いますと、促進剤を使ってもすぐに陣痛は来ませんでした。
出産予定の産婦人科では、夜9時を過ぎると促進剤を打つのを止める病院でした。逆に良心的だなと思いますよね。
そして翌日の朝一番から再開して、夕方にやっと赤ちゃんとのご対面となったんです。

 

このように、計画分娩だといっても出産まで時間がかかるケースもありますから、仮に予定日超過だったとしても病院の先生を信頼して任せるようにして、出来るだけリラックスして分娩に向かいたいですね。

関連ページ

初産の場合の計画分娩
計画分娩についての解説サイト。体験談も公開しております。初産の場合の計画分娩を解説
計画分娩で気持ちが楽に
計画分娩についての解説サイト。体験談も公開しております。計画分娩を選択することによって出産への不安を解消し、気持ちがとても楽になった体験談です。