計画分娩

計画分娩で気持ちが楽に

計画分娩を選択することによって出産への不安を解消し、気持ちがとても楽になった体験談です。

 

最近ではニュースで特集が組まれるほど騒がれている産婦人科医不足ですが、臨月に入ると救急車を呼ぶケースだとか、万が一突然の陣痛が来たときに掛かりつけの産婦人科まで距離が遠いだとかで、不安な気持ちに陥る場合も少なくないですよね。
そういった理由からも計画分娩に対する考え方を見直す人って、実はとても増えているんです。

 

私の場合の体験談は、まず主人に話すことから始めました。昔気質で頑固な主人ですので、計画分娩にしたいということを初めて話したときには、とってもとっても緊張ことを覚えてます。
普段は私のすることに対していちいちクチを出さない主人ですが、お腹の赤ちゃんのこととなるとちょっと違うんですよね。
計画分娩にしたい気持ちと、産婦人科の先生に聞いた今の医療の発達などを細かに説明して、私としてはかなり強気で話したと思います。

 

正直な私の気持ちを打ち明けることによって、主人への説得というか、計画分娩への理解を得ることができました。また、主人と一緒に色んな資料を読んだり、掛かりつけの産婦人科へ同行してもらって、計画分娩について先生との話し合いも持ちました。

 

その甲斐あってか、主人は私の体調を何よりも優先してくれるようになったし、計画分娩への理解も深まったようです。おかげでとっても気持ちが楽になったし、丈夫な子を産めるように頑張ろうっていう前向きな気持ちにもなれた経験です。

関連ページ

初産の場合の計画分娩
計画分娩についての解説サイト。体験談も公開しております。初産の場合の計画分娩を解説
予定日超過の計画分娩
計画分娩についての解説サイト。体験談も公開しております。予定日超過の計画分娩を解説