計画分娩

陣痛促進剤の点滴

入院してから計画分娩をするまでの事前準備が整ったら、分娩室で陣痛促進剤の点滴が開始されます
医師がモニターで確認しながら点滴の投与が行われますので安心できますよ
陣痛の強さを見ながら行われていくので、大量投与の心配もないようです

 

そもそも、陣痛促進剤は、日中に産婦人科の先生がいるときにしか点滴しません
夜間や休日など人手不足になるし、リスクがあるような処置はしませんよね、普通。
これはもちろん帝王切開にも言えることですし、無痛分娩みたいに麻酔を注射するわけでもないです。

 

個人差ですが、しばらくすると促進剤が効いて軽い陣痛が起こります。
最初は軽い陣痛だったのが、だんだん強くなります。自然分娩と同じですね

関連ページ

産婦人科へ入院
計画分娩についての解説サイト。体験談も公開しております。産婦人科へ入院
バルーンを使う
計画分娩についての解説サイト。体験談も公開しております。陣痛の間隔が徐々に短くなってきたら、子宮口にバルーンと呼ばれる器機を入れます